正木伊藤歯科

歯周内科治療|岐阜県羽島市にある歯医者 正木伊藤歯科


診療方針

皆様のお話をしっかりお聞きします。

良い治療を行うためには、技術もとても大切です。しかし、皆様がお口についてどんな希望や不安を持っていらっしゃるのかなど、私たちが皆様の気持ちをしっかり理解することも、技術と同じくらい大切なことだと思っています。

そこで、私たちはカウンセリングを行い、お口について気になることや、治療のご希望などを詳しく伺っています。
お口の状態を詳しくご説明します。

私たちは、痛みのあるところを治療するのはもちろん、皆様に、一生涯、ご自分の歯でおいしく食事をしていただきたいと思っています。

そのため、今後のお口のケアに役立てていただけるよう、お口の検査を行って、将来、歯を失ってしまうリスクがどれくらいあるのか、詳しくご説明させていただいております。
治療の違いをわかりやすくご説明します。

医療技術は日々進歩しています。
同じ症状でも治療方法は一つではなく、機能面・健康面・審美面など、それぞれに違いや特徴があります。

そこで、私たちは、どんな治療の選択肢があり、それぞれどんな利点や欠点があるのかなど、治療についてできるだけわかりやすくご説明いたします。
お口の健康維持をお手伝いします。

歯についた歯石は、歯科でしか取り除くことはできず、ほうっておくと歯周病が
進行してしまいます。また、特にお子様の場合、定期的にチェックすることで、
虫歯の早期発見にもつながります。

そこで私たちは、お口の状態に合わせた日ごろのケアの方法だけでなく、定期的
なご来院によるお口のチェックとお手入れをご提案しています。
感染予防対策の徹底を図っています。

私たちは、肝炎などの感染予防のため、さまざまな対策をとっています。
ゴム手袋、患者様用のコップ・エプロン等は、できる限り使い捨てのものを使用し、
使い捨てのできない医療器具などは、特殊な機械を使用して滅菌を行っています。

院内の感染予防のため、細心の注意を払っておりますので、どうぞ安心して治療を
お受けください。

院長紹介

院長 伊藤 昌輝

院長 伊藤 昌輝(イトウ マサテル)

<経歴>

1984年3月 東北大学歯学部卒業
1984年4月〜 大垣市、岐阜市、海津市歯科医院勤務
1988年1月 正木伊藤歯科開院
現在

日本口腔インプラント学会会員

朝日大学歯学部附属病院口腔インプラント科 認定歯科医

日本訪問歯科協会情報会員


正木伊藤歯科2つのポイント

院内感染防止をしているかどうか

院内感染防止当歯科医院では院内感染防止には特に力を入れております。
歯を削るドリルや先に付ける器具まで、きっちり滅菌・消毒をしています。
しかしながら、恐ろしいことにそこまでしている歯科医院は、私の知る限りほとんどありません。普通の歯科医院では、血が付いたかもしれない器具でも、アルコール等の消毒液で拭くだけです。エイズウィルスやB型肝炎ウィルスが付いていたらどうするのでしょう?私だったらそんな歯医者に行く勇気はありません。
正木伊藤歯科では高温高圧滅菌器、ガス滅菌器を使い、完全な滅菌を行っております。また可能なものはディスポーザブル(使い捨て)にしております。
『院内感染防止はどんな治療技術よりも優先される』という信念で治療にあたっております。どうぞご安心ください。
ちなみに
■消毒…病原微生物をある程度殺すこと
■殺菌…病原微生物を殺すこと。消毒よりは強いですがまだ不十分です。
■滅菌…物質中すべての微生物を殺すこと。これが完全です。

なるべく削らない治療をしているか

一生、輝く綺麗な歯で食事をしたい……。だれだってそう思います。でも殆どの日本人は、年をとると歯を失ってしまいます。歯を失う原因とは、ほとんどが歯周病かむし歯です。そしてこの歯科の2大疾患は『細菌による感染症』だということをご存知でしたか?
正しいイメージを持ってください。


なるべく削らない治療甘いものが、歯に穴をあけるのではありません。むし歯菌(ミュータンス菌)が酸を出して歯を溶かすから穴が開くのです。甘いものがいけないのは、むし歯菌の栄養になってしまうからであって、砂糖そのものが歯を溶かすからではありません。むし歯菌(ミュータンス菌)は歯の表面にできる、「バイオフィルム」の中に存在します。歯と歯の間についてる白くてネトッとしたものは食べかすではなくバイオフィルムという、ウヨウヨうごめく細菌の塊です。台所やお風呂のヌルヌル汚れと基本的には同じようなものですね。厄介なことに、虫歯を削って詰物をしても、むし歯菌そのものをやっつけることは出来ません。どんなに治療をしてもむし歯菌は存在し続けるのです。詰め物をした部分は虫歯にはなりませんが、元々の歯と詰め物の間には、ミクロの単位で見ると、隙間が出来ています。むし歯菌はそこから入り込み、詰め物の周りから虫歯を作っていくのです。そして、またむし歯の治療が必要になります。
長い目でみると虫歯の治療をすればするほどドンドン歯が悪くなっていくのです!ですから一度でも虫歯で歯を削ってしまった人は、その後もずっと、削っては悪くなり、削っては悪くなりの繰り返しになります。ある時期までは…。

 

その「時期」とはすべての歯が溶けて、一本もなくなってしまった時です。あるいは痛みや感染症のために、やむなく歯を抜かなければなくなる時です。日本人の平均では、最初に虫歯治療をして詰物をしてから40年後には殆どの人がその歯を失ってしまうというデータがでています。このようなことにならないよう、歯を長持ちさせるに必要なのは、『できる限り削らない治療』です。昔の歯医者さんは歯を削ってばかりいましたが、(いまでも、そういう先生は多いですね!)歯科医療が進歩した現代では、むし歯になりかけの歯は、削らなくても直せるようになったのです。しかしその時点で気づかずに、中ぐらいの虫歯になってしまったら、もう手遅れです。虫歯を削って金属で埋めようとすると、詰め物を固定するために歯の健康な部分まで削ることになってしまいます。またセメントで銀歯をくっつけるときにも、引っかからないよう悪くもないのに削らなければならない部分が出てきます。ごく小さいむし歯でしたら、本当に感染しているところだけを削り、最新の接着システムで、白い詰め物を接着することが出来ます。ただし、大きなむし歯ができてしまった場合ですと、やはり金属を使うことが必要でしょう。ですから普段からむし歯にならないように『予防ケア』をしてくれる先生を選ぶことが大切なのです。そしてそれでも虫歯になってしまったら、……そのときはごくごく小さいうちになるべく削らずに直してくれる先生を選びましょう。

 

あなたは、もし自分の指がなくなってしまったら、「歳だからなぁ」と苦笑いをして諦めることが出来ますか?できませんよね。身体の大事な一部がなくなってしまったのですから、大いに悲しむはずです。ところが歯に関しては、歳をとったらなくなっても仕方が無いものだ、と皆さん勘違いをされているのです。これは大きな大きな誤解です。

 

若い時から歯科医院できちんとお手入れを続ければ一生楽しく食事をしたり、会話をしたりすることができるのです。これは北欧などで証明されています。北欧では多くの方が、80歳で25本ぐらいの歯を持っています。一方、日本では、80歳で平均8本程度です。歯が抜けるのは老化ではありません。しかし多くの方は老化だと思っておられます。なぜなら、周りの親戚や友人の多くが年を取ると歯が抜け、入れ歯にされているからです。

 

一つたとえ話をしましょう。アマゾンのある地域では平均寿命は30歳代です。でも彼らはそれを特別、異常だとは思っていません。彼らにとっては、それが普通のことだからです。歯に関して、日本人はアマゾンの人たちの寿命に対する考えと同じ考えを持っているようです。これは改めるべきでしょう。アマゾンの人たちも、ちゃんとした医療を受ければ、もっと長生きできますよね。それと同じように日本人も、ちゃんとした歯科医療を受ければ、ずっと自分の歯で食べることができるのです。

 

むし歯と歯周病は『細菌感染症』だということを忘れないでください。老化ではないのです。むし歯、歯周病は、それぞれぜんぜん違う病気ですが、それを防ぐ方法は同じです。その方法とはむし歯菌、歯周病原因菌のすみかである「バイオフィルム」を破壊して取り除くことです。ただ、残念ながら細菌が完全になくなるまで取り除くことは出来ません。しかし、一度「バイオフィルム」を取り除いたら、その後再び、バイオフィルムが形成されるまでには、3ヶ月という月日がかかります。ですから3ヶ月に1度、歯医者さんに通って「バイオフィルム」を取り除けば殆どの場合、一生自分の歯で過ごすことができるようになるのです。歯が痛くなるまでに歯医者さんにこないのは、先進国では日本だけ。欧米諸国では、床屋さんや美容院に通うように、定期的に歯医者さんに通うことが当たり前になっています。「痛くなってからでは遅い」のです。「早期発見が大事」ではないのです。どんなに早く発見しても一度むし歯になってしまった歯を完全に元通りに治すことはどんな名医にもできません。一度でも削ってしまえば後は抜歯→入れ歯への道へまっしぐらです。

 

ですから、発見されるようなむし歯を、もともと作らないようにするのが、私たち歯医者の一番大事な仕事なのです。私はあなたの大切な歯を削りたくはありません。一生健康な葉を守るために3ヶ月に1回の「予防ケア」におこし下さい。……えっ?「痛そう?」大丈夫です。国家資格を持った歯科衛生士が、ゴム製の器具を使った痛みのないお手入れを致します。エステでマッサージを受けているようなきもちのいい一時を過ごしていただけますよ!

お気軽にお問合わせ下さい。


ページの先頭へ戻る

ホーム医院紹介診療方針/院長紹介ミラクルデンチャー歯周内科治療訪問診療口腔癌検診お問合わせプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) Masaki-ito Dental Clinic. All Rights Reserved.
当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。